大学案内

作新学院大学・同女子短期大学部のキャンパス(建築)について

作新学院大学・同女子短期大学部のキャンパス(建築)について
  • 写真+キャッチ

学びの舞台は、
国立競技場を設計した "隈 研吾氏" のデザイン

 

作新学院大学・同女子短期大学部の図書館や第3教育棟、学生会館など、キャンパス北側の校舎群は、世界的建築家の隈 研吾(くま けんご)氏によってデザインされました。隈氏は2021年東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場のプランナーです。緑に囲まれた美しいキャンパスが学生の学びを豊かにします。
 
構内にある樹木の姿をコンピュータ処理したパターンが貼られたガラスや、CO2濃度センサーと連動した霧噴射装置(空中庭園内)など、建築の各所にユニークな造形が見られます。また、栃木県北で採れる芦野石の大階段や、築山にある大谷石の照明装置などに栃木県産の材料が使用されています。これらの校舎群は「第12回栃木県マロニエ建築賞(街並み景観部門)」を受賞し、映画やドラマのロケ地にもなっています。

 
 

  • 写真3点
    石とガラスを使用したスタイリッシュな正門
  • 写真3点
    自然光を採り入れた図書館。蔵書は約24万冊で専門書や雑誌等が揃います
  • 写真3点
    樹木の姿をコンピュータ処理したパターンが貼られたガラス(写真左)

 

  • 写真3点
    全面ガラス張りの学生会館は、学生たちの憩いの場
  • 写真3点
    学生会館の夜景。布を使用した館内の大きな照明が印象的
  • 写真3点
    600名収容可能な「作新清原ホール」は地域にも開放されています

 

  • 写真3点
    栃木県北で採れる芦野石を使用した大階段は、学内行事の撮影スポット
  • 写真3点
    築山(第3教育棟前)にある大谷石の照明装置
  • 写真3点
    CO2濃度センサーと連動した霧噴射装置(空中庭園内)

 

  • 写真2点
    自然光を生かした中央研究棟のアトリウム。同棟の2~4階は教員の研究室
  • 写真2点
    作新学院大学・同女子短期大学部のキャンパスは緑豊かな自然に囲まれ、理想的な学びの環境が整っています

 

  • マップ画像

※隈研吾氏によってデザインされた校舎群(上記マップ⑩、⑪、⑫、⑭、⑮、⑯、⑰)