作新学院大学からのお知らせ

<学長コラム>日々に自らを新しく

<学長コラム>日々に自らを新しく
(最終更新日:2020/07/21)

「後期の授業に向けて」

  • 原稿

遠隔授業や休館措置など新型コロナウイルスへの対応に全学で取り組んだ令和2年度前期も残り少なくなってまいりました。
 
6月19日(金)には都道府県をまたいでの往来も緩和され、本格的な夏に向けて多少コロナ禍も沈静化するかと多くの人が考えていました。しかし私たちの希望とは裏腹に、東京都をはじめ、本県においても感染者数は以前より増加傾向にあります。
 
現在本学では、遠隔授業を中心に一部条件付きで対面指導を行っています。今月29日(水)には第7回の危機管理会議を開催して、特に後期の授業の在り方を検討する予定です。短大生が本学で学ぶ時間は2年間しかありません。このままですと短大生の登校する機会が極端に少なくなってしまいます。大学生も4年間あるとはいえ、やはり同様です。
 
私たちとしては、9月の状況にもよりますが、できるだけ学生の皆さんが登校できるように対面授業を実施していければと考えています。もちろん後期は、新型コロナウイルスの対策として遠隔授業の準備も並行して怠りなく進めて行かなければならないでしょう。
 
コロナ禍の中で日々状況が変わる昨今ですので、学生のみなさんには、くれぐれも慎重な行動を取っていただければと考えています。
 
令和2年7月21日
 
作新学院大学
作新学院大学女子短期大学部
学長 渡邊 弘


⇒ 学長のメッセージ(大学短大
学長の略歴・業績


 
学長コラムのバックナンバー
2020年6月24日 6月のメッセージ
2020年5月12日 学生のみなさんへのメッセージ
2020年4月17日 感染対策は「倫理観」が鍵に