経営学部

荒木 宏

荒木 宏
  • お写真

 

教員氏名

荒木 宏

教員ふりがな

あらき ひろし

職階

教授

学位

博士<Ph.D. in Government>

担当授業名称

【経営学部】

公共経営論A、公共経営論B、公民パートナーシップ論、NPOマネジメント論、

地域福祉論、ビジネスイングリッシュB、インターンシップB(自治体)

 

【大学院経営学研究科】

〔博士課程前期〕 経営学特別演習I・II(研究ゼミ)、III・IV(修士論文課題研究)

〔博士課程後期〕 公益事業特殊研究I・II、研究指導(博士論文研究指導)

担当ゼミ名称

研究ゼミナール3~6 (公共経営分野・福祉政策分野)

専攻・専門分野

政策経営、公共経営、福祉政策

所属学会

日本政治学会

研究室電話番号

 

E-mail(大学)

h-araki@sakushin-u.ac.jp

E-mail(個人)

 

略歴・業績

■主な業績:

・『比較政治学の理論』(共著)東海大学出版会 (担当:「民主主義と社会構造の比較政治学」)

・『利益誘導政治:メカニズムと国際比較』(共著) 芦書房(担当:「イギリス:ウエストミンスター型利益誘導政治」)

・『ガバナンスの課題』(共著)東海大学出版会 (担当:「高齢者福祉のガバナンス」)

・『政党システムの理論と実際』(共著) おうふう (担当:「イギリスの二大政党制とその変容」)     

「政策変容とアカウンタビリティ」(単著)『作大論集』 第4号

・『新経営学総論』(共著)学文社 (担当:「公共経営論」)

・「『公―私』政策変容と年金体制の比較研究」(単著)『作大論集』 第7号

・「年金体制の変容: 縮減から再編へ」(単著)『作大論集』 第8号

・’Ideas and Welfare: The Conservative Transformation of the British Pension Regime’ Journal of Social Policy, Volume 29, Part 4, 2000.

・‘Polity Transformation and Pension Regimes in Comparative Perspective’, SSRN, 2009 (American Political Science Association 105th Annual Meeting, 2009, Toronto, CA )

その他  

 

■社会的活動: 

2016年4月 - 現在    公益財団法人宇都宮市医療保健事業団  評議員

2015年4月 - 現在    厚生労働省栃木地方労働審議会  委員

2014年4月 - 2015年3月 宇都宮市行政改革大綱策定懇談会  委員

2011年4月 - 2012年3月 下野市地域福祉計画策定委員会  委員長

2006年4月 - 2012年3月 宇都宮市個人情報保護運営審議会  委員

現在の研究分野

政策と倫理、政策とアカウンタビリティ、福祉政策、地域政治(英国)

研究課題と研究経過

・「縮減政治」における公私の政策変容と年金体制の比較研究

日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究C)

研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 荒木 宏

 

・「公-私」の政策変容におけるアカウンタビリティの理論構築

日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)

研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 荒木 宏

教員個人ページへのリンク

(学術情報データResearchmap)

https://researchmap.jp/hiroshiaraki17/?lang=japanese

ゼミ・講義の紹介

 【経営学部】

研究ゼミナールのテーマ:公共経営分野、政策経営分野、福祉政策分野

 

【大学院経営学研究科】

研究指導分野:公共政策、公共経営、福祉政策

博士前期 〇  博士後期 〇

〔博士課程前期〕

経営学特別演習I・II(ゼミ)

経営学特別演習III・IV(修士論文課題研究)

〔博士課程後期〕

 公益事業論特殊研究I・II

 研究指導(博士論文研究指導)