地域連携

減災・リスクマネジメント推進センター 目的と機能

減災・リスクマネジメント推進センター 目的と機能

目的
 今日、阪神淡路大震災・東日本大震災という巨大災害の経験と教訓を経て、一般的な「防災」にとどまらず、「減災」の重要性が広く全国的に認識されるようになりました。「防災」が被害を出さないことを目的に行う総合的な対策であるのに対し、「減災」は被害の発生を見込んだうえで被害を最小化するために各主体が行う取組みを重視する考えです。すなわち、各主体が災害を自らのリスクとして認識し、適切にマネジメントすることが問われています。
 
 減災・リスクマネジメント推進センター(以下「センター」という。)は、こうした「減災」の観点に立って、住民自身が“自らの命を守り抜く主体的な行動”を取ることができ、企業・団体・教育機関等が被害の最小化と事業の継続を自律的に図ることができるよう、必要とされる可能な支援を行います。こうして各主体が危機管理(リスクマネジメント)の態勢を自律的に確立することで、地域の総合的な減災力向上に寄与することを目的とします。
  
機能
 センターは、上に掲げた目的(地域減災力の向上)の実現に向けて、NPO 法人栃木県防災士会との密接な連携協力とともに、栃木県及び宇都宮市の参加・協力も得て、次のような機能を整備しその十全な発揮に努めます。
 
⑴調査・研究・提言機能
 客観的・歴史的に現状を把握・分析し課題と方策を明らかにする提言を行います。
⑵減災訓練・人材育成機能
 平時からの予防対策である各種訓練の実施と防災・減災の地域リーダーを育成します。
⑶プランニング支援機能
 災害を想定した地域の防災・減災計画や企業等の事業継続計画の策定等を支援します。
⑷プラットホーム機能
 地域の各主体が行う各種の減災活動及びそのためのネットワークの拠点となります。

  • 目的と機能 本文
    機能と目的