大学教育センター

教育企画

教育企画
  • 教育企画~カリキュラム改革の推進

 教育企画では教務運営の共通教育改善の支援に取組んでいます。また、IR機能の充実に向け、国語力基礎調査、英語プレスメントテスト等を実施し、分析結果を学内シンポジウムで報告するなどの活動を進めています。
 
 教学IRセクションでは「能動的学修(アクティブ・ラーニング)への転換」に向けた取組や、学生に対する最適・最善の教育を提供する活動を推進するために、下記の事業を展開していきます。
 
カリキュラム改革の推進
 能動的学修(アクティブ・ラーニング)の目的は、学生が「学びの蓄積と成果」(学修履歴)を自ら認識し評価したうえで、自身の目標を定め主体的に学修のステップやキャリア形成に関する選択や計画を進めることができるようになることです。こうしたポートフォリオ化を実現していくために、ディプロマポリシー(DP)とカリキュラムポリシー(CP)を明確に定める(必要に応じて見直しを図る)とともに、DPとCPに沿って大学・学部・学科・専攻(コース)及び開講科目ごとに、学修成果を評価・判断しつつ系統的に履修できる仕組みを検討し、できる限り早期に実施に移す取組みを進めていきます。
 
 具体的には、ルーブリックとして教育目標を合わせ学修の達成度を判断する教育評価の基準を示すとともに、ナンバリングによって科目間の関係を明確にすることで、学生自ら何が評価の基準かを事前に理解し、系統的な履修を主体的に進めていくことをめざします。
 

エンロールメント・マネジメントの展開
 学内外に関する各種データを収集・分析・蓄積して、教学運営や大学経営に資する情報を提供するIR(Institutional Research)活動を展開します。また、このIR活動を基盤に、入学前から卒業後までの全過程を視野に入れた「学生を知り尽くす」教学マネジメント(エンロールメント・マネジメント)を推進します。

  • エンロールメント・マネジメントの展開