経営学部

学びの特色・教育研究の目的

学びの特色・教育研究の目的

学びの特色
学びの特色"3つのサポート"
学 修資 格 取 得就 業 力 
 
1.目標設定を手厚くサポート
 あなたが経営学部で何を学びたいか? 卒業後、どのように働いていきたいか?
 上記の疑問を経営学部教員は共に考えます。
 入学前教育の段階から4年間目標を持って学べるようにサポートします。
 
2.ビジネスの基礎となる資格取得を手厚くサポート
 日商簿記、ITパスポート、基本情報技術者、TOIEC、TOEFLなど、将来の就職に役立つ資格などを在学中に
 取得できるよう、資格取得支援講座を設けてサポートします。
 
3.仕事につながる学びを手厚くサポート
 ○県庁や市役所の職員、警察官、消防士など、公務員をめざす学生には、資格取得支援講座を設けて
  サポートします。
 ○高校の教員をめざす学生をサポートしています。「高等学校教諭一種免許状(商業)」の取得が可能な
  経営学科では、教職実践センターが普段の学習から実習準備、教員採用試験の合格まで強力にサポート
  しています。
 ○税理士をめざす学生には資格取得支援講座で会計・税法科目に関する受験対策プログラムを提供します。
  また、大学院への進学もサポートします。
 ○プロスポーツチームの運営組織やスポーツ関連企業への就職をめざす学生をサポートします。
 

教育研究の目的
マネジメントの基礎知識と体系的な理解に基づく職能的な専門知識とともに、主体性と実効力、コミュニケーション力、チームワーク力、課題発見・解決力、創造力等の実社会で活躍できる社会人基礎力を授け、幅広い見識とグローバルな視点から、各方面と協働してイノベーションを起こし、新たな価値を創出するとともに、そうした共創力を発揮して地域社会を支えうる人材を育成することを目的とします。
 
 

4年間の学習の流れ
1年次は全学共通教育科目の履修を通じて大学生としての教養を身につける一方で、4年間の経営学の学びの基礎として、経営・会計・情報に焦点を当てた学習を開始します。
2年次以降は、希望する進路に合わせて各学科の専門性を活かした分野別の科目を学習します。
経営学科では、経営・会計・情報・行政を中心とした専門科目と応用分野の学習を通じて、実社会で求められる経営学的見識と能力を身につけます。
スポーツマネジメント学科では、スポーツビジネスと健康マネジメント領域の学習を通じて、スポーツビジネスの現場や健康関連分野で活躍する人材に求められる、経営学的見識と実践力を身につけます。
 
経営学部(経営学部・スポーツマネジメント学科)から就職までの学びのイメージ

  • 学習の流れの図

 

学部長メッセージ
経営学部〝三種の神器〟
経営学部は「経営学修」・「資格取得」・「就業力」、この3つの強化を教育目標として掲げています。まずは「企業が利益を獲得し、社会の期待に応えていくにはどうすればよいのか?」……この重要なテーマについて、「経営」「会計」「情報」そして「スポーツ」の視点から実践的且つ徹底的に学びます。こうして身に付けた知識・技術を基に、「日商簿記」「基本情報技術者」「健康運動実践指導者」など、将来の就職に役立つ資格取得につなげていきます。そして徹底したキャリア教育と進路指導により養われた就業力を以て「地元優良企業への就職」「公務員」「商業の高校教諭(経営学科)」さらには「本学大学院経営学研究科への進学(例えば税理士志望)」など、卒業後の進路を確かなものにしていきます。学生が「経営を学び」・「資格を取り」・「より良き職業人生のスタートを切る」、こうした教育の実現に向け学部一丸となり突き進みます!!

  • 左学部長名+右写真

経営学部 学部長 教授・税理士  前橋 明朗