経営学部

学びの特色・教育研究の目的

学びの特色・教育研究の目的

学びの特色
社会人に求められるマネジメント能力を磨き、
さまざまな分野で活躍できる知識とスキルを実践的に学ぶ
 
社会で活躍できる人材をめざす近道は、マネジメント能力とそれに関連するスキルを身につけることです。
経営学部では、下図のようにアクティブ・ラーニングや企業経営者などによる実践的な授業を取り入れ、社会人として必須とされる社会人基礎力と生きたマネジメント力を身につけることをめざします。 また、経営学科とスポーツマネジメント学科では、それぞれ各分野のマネジメントについて基礎から応用まで実践的に学ぶことができます。

  • 学びの特色

教育研究の目的
マネジメントの基礎知識と体系的な理解に基づく職能的な専門知識とともに、主体性と実効力、コミュニケーション力、チームワーク力、課題発見・解決力、創造力等の実社会で活躍できる社会人基礎力を授け、幅広い見識とグローバルな視点から、各方面と協働してイノベーションを起こし、新たな価値を創出するとともに、そうした共創力を発揮して地域社会を支えうる人材を育成することを目的とします。
 
 

学部長メッセージ

経営学部〝三種の神器〟
経営学部は「経営学修」・「資格取得」・「就業力」、この3つの強化を教育目標として掲げています。まずは「企業が利益を獲得し、社会の期待に応えていくにはどうすればよいのか?」……この重要なテーマについて、「経営」「会計」「情報」そして「スポーツ」の視点から実践的且つ徹底的に学びます。こうして身に付けた知識・技術を基に、「日商簿記」「基本情報技術者」「健康運動実践指導者」など、将来の就職に役立つ資格取得につなげていきます。そして徹底したキャリア教育と進路指導により養われた就業力を以て「地元優良企業への就職」「公務員」「商業の高校教諭(経営学科)」さらには「本学大学院経営学研究科への進学(例えば税理士志望)」など、卒業後の進路を確かなものにしていきます。学生が「経営を学び」・「資格を取り」・「より良き職業人生のスタートを切る」、こうした教育の実現に向け学部一丸となり突き進みます!!

  • 左学部長名+右写真

経営学部 学部長 教授・税理士  前橋 明朗