作新学院大学からのお知らせ

「第3回とちぎプロスポーツまつり」にむけた実践的授業が実施されました

「第3回とちぎプロスポーツまつり」にむけた実践的授業が実施されました
(最終更新日:2018/08/01)
  • 本文と写真
  • 本文と写真

平成30年7月11日(水)、作新学院大学において、足利銀行営業企画部の長谷川次長、江田部長代理、小黒係長らをお招きし、8月18日(土)に宇都宮市にあるマロニエプラザにて実施される「第3回とちぎプロスポーツまつり」のイベント運営に関する授業が実施されました。
 
作新学院大学と足利銀行は地方創生の推進に関する協定を締結しています。今回の「とちぎプロスポーツまつり」では、作新学院大学は連携しているプロスポーツチームの他、足利銀行のサポートをいただいた結果、県内の他のプロスポーツチームの協力を得ることができました。この相乗効果により、一層強く地域の活性化を図ることが期待できます。そして、学生たちは、昨年度よりも大規模となったイベントの企画運営を通じて、ビジネススキルを学習することができるようになりました。今後もスポーツを軸にした地域振興などで連携をしていきます。
 
授業においては、足利銀行と連携して地域の持続可能な発展を目指す意義の他、大規模イベントとなる「とちぎプロスポーツまつり」の運営と協働ノウハウの講義と、当日開催される作新学院大学と足利銀行のブースにおけるイベント企画について、学生がプレゼンテーションを発表し、その後ディスカッションをし、学生の発表は足銀の方から好評を得ていました。
また、当日の授業の様子とプレゼンテーションを発表した学生たちが下野新聞社から取材を受けました。

  • 写真3枚
  • 写真3枚
  • 写真3枚