作新学院大学からのお知らせ

宇都宮マラソン大会で作大生と作短生がボランティアを行いました

宇都宮マラソン大会で作大生と作短生がボランティアを行いました
(最終更新日:2016/11/28)
  • メイン画像+本文
    給水所で飲み物を提供する短大生たち

 11月20日(日)、第30回宇都宮マラソン大会が清原中央公園の周辺コースで開催されました。
 天候にも恵まれ、県内外から約6,000人近いたくさんのランナーがそれぞれのクラスで完走を目指し楽しみながら走っていました。
 今回の大会では、本学の教職員と学生がランナーとして参加し、それぞれのクラスで実力を発揮しました。なかでも、ハーフマラソン一般女子のクラスで、本学の経営学部スポーツマネジメント学科講師の菅谷美沙都先生が準優勝しました。
  
 本学では、毎年会場にブースを設け来場された方々にパンフレット等を配布し、大学の紹介をしています。また、大会運営のスタッフとして今回は90名以上の学生がボランティアとして参加し、給水所では短大生が中心となってスポーツドリンクの提供や「頑張って!」の熱い声援でランナーを応援していました。
 

  • 画像①
    船頭鍋の調理補助ボランティア
  • 画像①
    本学のブース
  • 画像①
    飲み物を提供するボランティア学生

 

  • 画像②
    ランナーに声援をおくる学生たち
  • 画像②
    大きな声でランナーを誘導するボランティア学生
  • 画像②
    ハーフで準優勝した菅谷先生