作新学院大学からのお知らせ

本学で清原地区総合防災訓練が実施されました

本学で清原地区総合防災訓練が実施されました
(最終更新日:2016/10/03)
  • 本文
    はしご車体験

10月1日(土)、作新学院大学を会場に清原地区総合防災訓練が行われ、総勢313名が参加しました。本学からも学生・教職員31名が参加し、地元清原地区住民の皆さんと一緒に、地震想定・土のう作り・消火器操作・煙体験・ケガ人搬送・はしご車体験・炊き出しの合計7つの訓練が実施されました。
最近県内では、火災や地震だけではなく、豪雨災害や突風・竜巻なども多く発生しています。本学の学生や教職員も地域住民の方たちと声を掛け合いながら、真剣に訓練に取り組んでいました。
災害は起こってほしくないものですが、いざという時には今回の訓練の成果を発揮してお互い助け合って行きたいと思います。
本学も、減災・リスクマネジメント推進センターを中心に、地域防災に役立つ大学・短大をめざしています。
 

  • 画像①
    ケガ人搬送 訓練
  • 画像①
    煙体験
  • 画像①
    消火器操作

 

  • 画像②
    土のう作り
  • 画像②
    船田理事長による閉会挨拶
  • 画像②
    船田理事長と自転車部員