心理学研究科

心理学研究科の特色

心理学研究科の特色

心理臨床に関する実習については、学内の心理学研究科附属臨床心理センター(作新こころの相談クリニック)での実習および学外の適応支援教室(教育領域)、児童相談所(福祉領域)や病院の精神科・心療内科(医療領域)での実習によって、学生がさまざまな心理臨床体験を積めるような体制をとっています。
 
心理臨床に携わる高度専門職業人となるためには、臨床心理士や公認心理師の資格を取得することが求められます。本学心理学研究科は、以下のように、いずれの試験の受験資格も得ることができるようにしています。

  •  心理学研究科の特色 (H30)

○臨床心理士
日本臨床心理士資格認定協会による臨床心理士資格試験の受験資格は、同協会が認可する第1種指定大学院を修了し、受験資格のための所定条件を充足している者に与えられます。
本学心理学研究科は第1種指定大学院の認可を受けており、修了要件を満たせば所定の条件を充足することができます。そのため、本研究科を修了した方は受験資格を得ることができます。

○公認心理師
国家資格である公認心理師試験の受験資格は、大学において公認心理師になるために必要な科目を修めて卒業し、かつ、大学院において公認心理師になるために必要な科目を修めて修了した者に与えられます。
本学人間文化学部心理コミュニケーション学科は大学において修得が求められる科目を開設しており、本学心理学研究科も大学院において修得が求められる科目を開設しています。そのため、本学人間文化学部や他大学で必要な科目を修めて大学を卒業した方が、本研究科で必要な科目を修めて修了すれば、受験資格を得ることができます。
※他の条件や特例措置もあります。