作新学院大学からのお知らせ

【PICK UP】令和2年度 教職実践センターシンポジウム【オンデマンド講演会】のご案内

【PICK UP】令和2年度 教職実践センターシンポジウム【オンデマンド講演会】のご案内
(最終更新日:2021/01/13)
  • 概要

2021年1月13日
 教職実践センターでは、2月14日(日)~2月20日(土)の期間中に、シンポジウム「子どもたちのSOSを見逃さない」を開催します。
 本年度は新型コロナウィルス感染拡大防止策を考慮し、オンデマンド講演会といたします。
 
 今、学校現場では、特別に配慮を要する児童生徒が増加しています。そうした児童生徒への学習支援、関係諸機関や保護者との連携等、学校には様々な役割が必要となっています。
 一昨年度、当教職実践センターでは、学級担任の負担感や教職員、保護者等との連携の在り方等について小中学校の実態を調査し、学校現場の先生方をシンポジストとして「通常学級における特別支援教育の課題と方策」についてのシンポジウムを行いました。
 また、昨年度は、新たな視点から問題に迫るため、学校現場で教職員と問題を共有しながら課題解決に尽力されている先生方を迎え、大学の専門家との鼎談を行いました。
 今年度は、これまでの積み重ねの上に、目の前にいる子どもたちの視点に立って支援することの大切さを改めて確認して、これからの支援に生かしていきたいとオンデマンド講演会を開催いたします。       
 
【開催日時】
 2021年2月14日(日)~20日(土)(この期間オンデマンドで配信予定)
【開催形式】
 オンデマンド講演会
【参加費】
 無料 
【講演】
 南雲 明彦 氏(明蓬館高等学校 共育コーディネーター)
【申しみ方法】
 Eメールにてお申し込みください。 宛先:tdjissen@sakushin-u.ac.jp
 件名を「教職実践センター講演会」とし、①参加者氏名(ふりがな)、②所属またはメールアドレスをご記入の上お申し込みください。オンデマンド講演会の配信期間、URL、パスワードが決まりましたらご連絡いたします。

 
詳細はこちらをご覧ください。