作新学院大学からのお知らせ

3×3開催記念シンポジウムを作新学院大学において開催しました

3×3開催記念シンポジウムを作新学院大学において開催しました
(最終更新日:2016/07/05)
  • 写真+本文

 
3人制バスケットボール世界一決定戦への出場権をかけた国際大会『2016 FIBA 3x3 World Tour Utsunomiya Masters(7月30~31日)』が宇都宮市で開催されることとなり、それを記念するシンポジウムが7月2日(土)作新清原ホールにおいて行われ、一般の方や作新大生ら約150名が参加しました。
 
冒頭で宇都宮市の佐藤栄一市長、本学の太田周学長が挨拶。続いて「2016 FIBA 3×3 World Tour Utsunomiya Mastersの開催とマイ・宇都宮発展の可能性」をテーマに、本学経営学部スポーツマネジメント学科長・小山さなえ教授らパネラー6名によるスピーチとパネルディスカッションが行われました。
 
最後に抽選会が行われ、見事、作新大生が大会公式Tシャツを獲得し、会場は大いに盛り上がりました。
 

  • 写真
    冒頭で挨拶する佐藤市長
  • 写真
    続いて太田学長が挨拶を述べました
  • 写真
    【第一部】パネラーのスピーチ

 

  • 写真
    会場の様子
  • 写真
    【第二部】パネルディスカッション
  • 写真
    小山教授もパネラーとして参加

 

  • 写真1点
    抽選会で大会公式Tシャツを獲得した作新大生とパネラーによる記念撮影が行われ、会は幕を閉じました