作新学院大学からのお知らせ

講演会「体の仕組みを知って競技パフォーマンスをのばそう」開催レポート

講演会「体の仕組みを知って競技パフォーマンスをのばそう」開催レポート
(最終更新日:2016/02/01)
  • 写真+本文
    実例を見せながら熱心に指導する野呂吉則先生(写真左)

 
1月29日(金)、公開講演会「体の仕組みを知って競技パフォーマンスをのばそう」(スポーツマネジメント主催)を第一体育館(2階)において開催しました。
 
スポーツリハビリテーションの分野で活躍する、村木孝行先生(東北大学病院リハビリテーション部理学療法士/作新学院大学客員教員 )、野呂吉則先生( MSMCみどりクリニック リハビリテーション科主任/作新学院大学客員教員)を講師に迎え、野球の話を中心にパフォーマンス向上のための肩肘障害予防や、スポーツとコンディショニングについて講義しました。
 
当日は、本学硬式野球部員を含め68名が聴講。講師の指導のもと、実際に体を動かしながら、投球動作における肩や肘に関するメカニズムと身体の使い方についても学びました。
 

  • 写真3点
    村木孝行先生
  • 写真3点
    熱心に聴講する学生たち
  • 写真3点
    実技を交えた講義の様子

 

  • 写真3点
    授業の教材(画像)
  • 写真3点
    パフォーマンスで盛り上がる場面も
  • 写真3点
    講演会を企画した樋口善英先生