作新学院大学からのお知らせ

平成30年度の教職実践センターシンポジウムが開催されました

平成30年度の教職実践センターシンポジウムが開催されました
(最終更新日:2019/02/19)
  • 写真と本文
    会場の様子

 2019年2月1日(金)、本学教職実践センター主催のシンポジウムが開催されました。
 今回は、「通常学級における特別支援教育~子ども・保護者・教師 みんな笑顔になる~」をテーマとし、戸﨑 克美氏(宇都宮市教育センター)、渡邉 功氏(宇都宮市立御幸が原小学校長)、大川 由香利氏(宇都宮市立泉が丘小学校)、河田 有里子氏(宇都宮市立宮の原小学校)の4名のシンポジストを迎え、日高 茂暢准教授(本学人間文化学部心理コミュニケーション学科)と共に、それぞれの立場から実践事例を発表していただきました。一般の方や学生等を含め約230名が参加し、有意義なシンポジウムとなりました。