作新学院大学からのお知らせ

人間文化学部の改組と「公認心理師」養成について下野新聞の取材を受けました

人間文化学部の改組と「公認心理師」養成について下野新聞の取材を受けました
(最終更新日:2017/11/14)
  • 本文と写真
  • 本文と写真

10月26日(木)に、来年度から始まる人間文化学部の二学科制についてと、これも同じく来年度から始まる公認心理師(国家資格)の養成について、渡邊学長と松田大学院心理学研究科長が、下野新聞の取材を受けました。公認心理師になるための勉強ができるのは、栃木県内で作新学院大学だけということに、下野新聞の記者の方も興味を持たれ質問されていました。
 
公認心理師とは、心理職の資格としては今までは「臨床心理士」などの資格が広く知られていましたが、従来の資格はいずれも民間の資格であったもの、このため国家資格の創設が求められ、2015年に「公認心理師法」が成立、今年9月に施行されました。