人間文化学部

カリキュラム・シラバス

カリキュラム・シラバス
  • カリキュラム・シラバス検索

 ⇒シラバス検索・閲覧方法


人間文化学部 卒業所要単位数(2019年度入学者) 取得可能な資格 ・ 免許■発達教育学科の卒業所要単位数(137単位)
(1)共通教育科目は、必修科目を含め40単位以上(必修22単位)
(2)専門教育科目は、必修科目を含め97単位以上(必修87単位)
※(1)(2)を合わせて137単位以上修得することが必要です。
 
■心理コミュニケーション学科の卒業所要単位数(128単位)
(1)共通教育科目は、必修科目を含め40単位以上(必修22単位)
(2)専門教育科目は、必修科目を含め88単位以上(必修24単位)
  なお、心理学系科目、コミュニケーション系科目からそれぞれ10単位以上を修得すること。
※(1)(2)を合わせて128単位以上修得することが必要です。
 
卒業者には学士(人間文化学)の学位が授与されます。
 

科目授業科目
共通教育科目 初期導入教育・リテラシー教育科目 ●基礎ゼミナール1・2 ●英語A1~A4 ●英語B1~B4 ●日本語表現法1・2 ●コンピュータリテラシー1・2 ●スポーツ科学実技A1・A2・B・C ●キャリアデザイン1・2 ●プレインターンシップ ●インターンシップ ●日本語A1~A4(留学生用) ●日本語B1~B4(留学生用)
教養教育科目 ●哲学 ●心理学 ●歴史学 ●文学 ●デザイン論 ●憲法入門 ●マスコミ論 ●数学 ●統計学1・2 ●環境論 ●情報と社会 ●科学・技術論 ●ジェンダー論 ●健康・スポーツ概論1 ●現代社会の諸問題A ・B・C ●とちぎ学 ●日本事情A・B
●初級フランス語1-1・1-2・2-1・2-2 ●中級フランス語1・2 ●初級中国語1-1・1-2 ・2-1・2-2 ●中級中国語1・2 ●初級韓国語1-1・1-2・2-1・2-2 ●中級韓国語1・2 ●英語C1・2 ●英語D1・2 ●英語E1・2
●自主科目A・B・C ●海外研修A・B・C・D
専門教育科目 発達教育学科

初等教育専門科目

●教職論(小・中・高) ●教育原理(小・中・高) ●教育の制度と社会(小・中・高) ●教育心理学(小・中・高) ●教職実践演習(小・中・高) ●教育課程論(小・中・高) ●道徳指導法(小・中・高) ●特別活動指導法(小・中・高) ●教育方法論(小・中・高) ●生徒指導と進路指導(小・中・高) ●教育相談(小・中・高) ●総合的な学習に関する指導法(小・中・高) ●小学校国語(書写を含む) ●小学校社会 ●小学校算数 ●小学校理科 ●小学校生活 ●小学校音楽 ●小学校図画工作 ●小学校家庭 ●小学校体育 ●生涯学習概論 ●外国語科指導法(初等) ●発達心理学 ●特別支援教育総論 ●知的障害児教育総論 ●知的障害の発達心理学 ●国語科教育法(初等) ●社会科教育法(初等) ●算数科教育法(初等) ●理科教育法(初等) ●生活科教育法(初等) ●音楽科教育法(初等) ●図画工作科教育法(初等) ●家庭科教育法(初等) ●体育科教育法(初等) ●教職初期指導 ●教職総合指導 ●教職実践研究(小・中・高) ●教育実習事前事後指導(初等) ●小学校教育実習

特別支援教育専門科目

●知的障害児・者心理学 ●知的障害児・者生理心理学 ●知的障害の認知心理学 ●視覚障害教育 ●聴覚障害者教育総論 ●肢体不自由者教育総論 ●病弱教育 ●重複障害者教育 ●言語障害教育 ●発達障害児の心理と教育 ●知的障害児教育法1・2 ●知的障害児教育課程論 ●特別支援学校教育実習事前事後指導 ●特別支援学校教育実習

中等教育専門科目

●日本語学概論A・B ●日本語文法A・B ●文章表現法 ●日本人の言語史A・B ●日本文学史A・B・C・D ●日本古典文学研究A・B ●日本近代文学研究A・B・C・D ●漢文学概論A・B ●書道A・B ●国語科教育法1・2・3・4 ●教育実習事前事後指導(中・高) ●高等学校教育実習 ●中学校教育実習

心理コミュニケーション学科  心理学系科目 ●心理学概論 ●臨床心理学概論 ●心理学研究法 ●心理学実験A・B ●公認心理師の職責 ●知覚・認知心理学A・B ●学習・言語心理学A・B ●感情・人格心理学 ●神経・生理心理学A・B ●社会・集団・家族心理学 ●発達心理学 ●障害者・障害児心理学 ●心理的アセスメント ●心理学的支援法 ●健康・医療心理学 ●福祉心理学 ●教育・学校心理学 ●司法・犯罪心理学 ●産業・組織心理学 ●人体の構造と機能及び疾病 ●精神疾患とその治療 ●関係行政論 ●心理演習 ●心理実習A・B
 コミュニケーション系科目 ●日本語学概論A・B ●日本語文法A・B ●文章表現法 ●日本人の言語史A・B ●対照言語学 ●日本人の精神史 ●異文化関係論 ●英語圏の文化 ●英文法 ●英語表現法 ●社会学概論 ●社会的自我論 ●社会調査法 ●地域情報論 ●ネット社会のコミュニケーション ●ネット社会の人と組織 ●社会教育論 ●調査データ論 ●漢字・漢語と社会 ●漢字・漢語と文化
●専門演習A・B・C・D ●卒論指導演習1・2 ●卒業論文

 ※小学校教諭免許状、中学校教諭免許状(国語)、高等学校教諭免許状(国語)、特別支援学校教諭免許状(知的障害)の取得を希望している人 は、上記の開設科目以外に、教職に関する科目や教科に関する科目を履修する必要があります。また、その他の資格についてもその資格に関連する科目の履修が 必要な場合があります。
※年度により開設科目を変更する場合があります。


 
 
人間文化学部 卒業所要単位数(2018年度入学者)
取得可能な資格 ・ 免許■発達教育学科の卒業所要単位数(137単位)
(1)共通教育科目は、必修科目を含め40単位以上(必修22単位)
(2)専門教育科目は、必修科目を含め97単位以上(必修87単位)
※(1)(2)を合わせて137単位以上修得することが必要です。
 
■心理コミュニケーション学科の卒業所要単位数(128単位)
(1)共通教育科目は、必修科目を含め40単位以上(必修22単位)
(2)専門教育科目は、必修科目を含め88単位以上(必修24単位)
  なお、心理学系科目、コミュニケーション系科目からそれぞれ10単位以上を修得すること。
※(1)(2)を合わせて128単位以上修得することが必要です。
 
卒業者には学士(人間文化学)の学位が授与されます。
 

科目授業科目
共通教育科目 初期導入教育・リテラシー教育科目 ●基礎ゼミナール1・2 ●英語A1~A4 ●英語B1~B4 ●日本語表現法1・2 ●コンピュータリテラシー1・2 ●スポーツ科学実技A1・A2・B・C ●キャリアデザイン1・2 ●プレインターンシップ ●インターンシップ ●日本語A1~A4(留学生用) ●日本語B1~B4(留学生用)
教養教育科目 ●哲学 ●心理学 ●歴史学 ●文学 ●デザイン論 ●憲法入門 ●マスコミ論 ●数学 ●統計学1・2 ●環境論 ●情報と社会 ●科学・技術論 ●ジェンダー論 ●健康・スポーツ概論1 ●現代社会の諸問題A ・B・C ●とちぎ学 ●日本事情A・B
●初級フランス語1-1・1-2・2-1・2-2 ●中級フランス語1・2 ●初級中国語1-1・1-2 ・2-1・2-2 ●中級中国語1・2 ●初級韓国語1-1・1-2・2-1・2-2 ●中級韓国語1・2 ●英語C1・2 ●英語D1・2 ●英語E1・2
●自主科目A・B・C ●海外研修A・B・C・D
専門教育科目 発達教育学科

初等教育専門科目

●教職論(小・中・高) ●教育原理(小・中・高) ●教育の制度と社会(小・中・高) ●教育心理学(小・中・高) ●教職実践演習(小・中・高) ●教育課程論(小・中・高) ●道徳指導法(小・中・高) ●特別活動指導法(小・中・高) ●教育方法論(小・中・高) ●生徒指導と進路指導(小・中・高) ●教育相談(小・中・高) ●総合的な学習に関する指導法(小・中・高) ●小学校国語(書写を含む) ●小学校社会 ●小学校算数 ●小学校理科 ●小学校生活 ●小学校音楽 ●小学校図画工作 ●小学校家庭 ●小学校体育 ●生涯学習概論 ●外国語活動に関する指導法(初等) ●発達心理学 ●特別支援教育総論 ●知的障害児教育総論 ●知的障害の発達心理学 ●国語科教育法(初等) ●社会科教育法(初等) ●算数科教育法(初等) ●理科教育法(初等) ●生活科教育法(初等) ●音楽科教育法(初等) ●図画工作科教育法(初等) ●家庭科教育法(初等) ●体育科教育法(初等) ●教職初期指導 ●教職総合指導 ●教職実践研究(小・中・高) ●教育実習事前事後指導(初等) ●小学校教育実習

特別支援教育専門科目 ●知的障害児・者心理学 ●知的障害児・者生理心理学 ●知的障害の認知心理学 ●視覚障害教育 ●聴覚障害者教育総論 ●肢体不自由者教育総論 ●病弱教育 ●重複障害者教育 ●言語障害教育 ●発達障害児の心理と教育 ●知的障害児教育法1・2 ●知的障害児教育課程論 ●特別支援学校教育実習事前事後指導 ●特別支援学校教育実習
中等教育専門科目

●日本語学概論A・B ●日本語文法A・B ●文章表現法 ●日本人の言語史A・B ●日本文学史A・B・C・D ●日本古典文学研究A・B ●日本近代文学研究A・B・C・D ●漢文学概論A・B ●書道A・B ●国語科教育法1・2・3・4 ●教育実習事前事後指導(中・高) ●高等学校教育実習 ●中学校教育実習

心理コミュニケーション学科  心理学系科目 ●心理学概論 ●臨床心理学概論 ●心理学研究法 ●心理学統計法 ●心理学実験A・B ●公認心理師の職責 ●知覚・認知心理学A・B ●学習・言語心理学A・B ●感情・人格心理学 ●神経・生理心理学A・B ●社会・集団・家族心理学 ●発達心理学 ●障害者・障害児心理学 ●心理的アセスメント ●心理学的支援法 ●健康・医療心理学 ●福祉心理学 ●教育・学校心理学 ●司法・犯罪心理学 ●産業・組織心理学 ●人体の構造と機能及び疾病 ●精神疾患とその治療 ●関係行政論 ●心理演習 ●心理実習A・B
 コミュニケーション系科目 ●日本語学概論A・B ●日本語文法A・B ●文章表現法 ●日本人の言語史A・B ●対照言語学 ●日本人の精神史 ●異文化関係論 ●英語圏の文化 ●英文法 ●英語表現法 ●社会学概論 ●社会的自我論 ●社会調査法 ●地域情報論 ●ネット社会のコミュニケーション ●ネット社会の人と組織 ●社会教育論 ●調査データ論 ●漢字・漢語と社会 ●漢字・漢語と文化
●専門演習A・B・C・D ●卒論指導演習1・2 ●卒業論文

※小学校教諭免許状、中学校教諭免許状(国語)、高等学校教諭免許状(国語)、特別支援学校教諭免許状(知的障害)の取得を希望している人 は、上記の開設科目以外に、教職に関する科目や教科に関する科目を履修する必要があります。また、その他の資格についてもその資格に関連する科目の履修が 必要な場合があります。
※年度により開設科目を変更する場合があります。


 
 
人間文化学部 卒業所要単位数(2016~2017年度入学者)
取得可能な資格 ・ 免許■人間文化学科 心理コミュニケーション専攻の卒業所要単位数(124単位)
(1)共通教育科目は、必修科目を含め40単位以上(必修22単位)
(2)専門教育科目は、必修科目を含め84単位以上(必修20単位)
  なお、言語文化系科目群、社会学系科目群、心理学系科目群からそれぞれ8単位以上を修得すること。
※(1)(2)を合わせて124単位以上修得することが必要です。
 
■人間文化学科 発達教育専攻の卒業所要単位数(124単位)
(1)共通教育科目は、必修科目を含め40単位以上(必修22単位)
(2)専門教育科目は、必修科目を含め84単位以上(必修28単位)
  なお、発達教育系科目群から40単位以上を、それ以外に言語文化系科目群、社会学系科目群、心理学系科目群から合わせて16単位以上を修得すること。
※(1)(2)を合わせて124単位以上修得することが必要です。
 
卒業者には学士(人間文化学)の学位が授与されます。
 

科目授業科目
共通教育科目 初期導入教育科目 ●基礎ゼミナール1・2
リテラシー教育科目

●英語A1~A4●英語B1~B4●日本語表現法1・2●コンピュータリテラシー1・2●スポーツ科学実技A1・A2・B・C●キャリアデザイン1・2●インターンシップA・B●日本語A1~A4(留学生用)●日本語B1~B4(留学生用)

教養教育科目 ●哲学●心理学●歴史学●文学●デザイン論●憲法入門●マスコミ論●数学●統計学1・2●環境論●情報と社会●科学・技術論●ジェンダー論●健康・スポーツ概論1●現代社会の諸問題A ・B・C●とちぎ学●日本事情A・B

●初級ドイツ語1-1・1-2・2-1・2-2●中級ドイツ語1・2●初級フランス語1-1・1-2・2-1・2-2 ●中級フランス語1・2 ●初級中国語1-1・1-2 ・2-1・2-2 ●中級中国語1・2 ●初級韓国語1-1・1-2・2-1・2-2 ●中級韓国語1・2 ●英語C1・2 ●英語D1・2 ●英語E1・2

●自主科目A・B・C●海外研修A・B・C・D
専門教育科目  言語文化系科目群  

●日本文学史A・B・C・D●日本語学概論A・B●日本語文法A・B●漢文学概論A・B●書道A・B●英文学史A・B●英語学A・B●英文法A・B●言語と認識A・B●日本の伝統文化●英語圏の文化●日本人の精神史A・B●日本人の言語史A・B●日本古典文学研究A・B・C・D●日本近代文学研究A・B・C・DA・B●英語表現法A・B●英文学研究A・B・C・D●米文学研究A・B●異文化関係論●文章表現法●現代文化論●対象言語学

社会学系科目群 ●社会学概論A・B●社会調査法A・B●社会の認識A・B●現代社会論A・B●地域情報論A・B●社会的自我論●情報基礎論●情報システム論●社会教育論●産業社会学●環境社会学●家族社会学●スポーツ社会学●調査データ論●質的調査解析論●社会調査及び実習1・2
心理学系科目群 ●脳とこころA・B●基礎心理学●心理学研究法●心理統計法●知覚心理学●臨床心理学●教育心理学●認知心理学●学習心理学●言語心理学●発達心理学●知的障害児・者生理心理学●神経心理学●カウンセリング論●知的障害児・者心理学●社会心理学●比較文化心理学●対人関係論●心理学実験A・B●カウンセリング実習●心理検査実習
発達教育系科目群

●教職論(初等)●教育原理(初等)●教育社会論(初等)●教職実践演習(小)●障害者教育総論●知的障害児教育総論●知的障害の発達心理学●知的障害の認知心理学●視覚障害教育●聴覚障害者教育総論●肢体不自由者教育総論●病弱教育●重複障害教育●言語障害教育●発達障害児の心理と教育●知的障害児教育法1・2●知的障害児教育課程論 ●小学校国語(書写を含む)●小学校社会●小学校算数●小学校理科●小学校生活●小学校音楽●小学校図画工作●小学校家庭●小学校体育●教育課程論(初等)●外国語活動に関する指導法(初等)●総合的な学習に関する指導法(初等)●道徳指導法(初等)●特別活動指導法(初等)●教育方法論(初等)●生徒指導論(初等)●教育相談(初等)

●専門演習A・B・C・D●キャップストーン・コース1●キャップストーン・コース2●卒論指導演習1●卒論指導演習2●卒業論文

※小学校教諭免許状、中学校教諭免許状(国語・英語)、高等学校教諭免許状(国語・英語)、特別支援学校教諭免許状(知的障害)の取得を希望している人 は、上記の開設科目以外に、教職に関する科目や教科に関する科目を履修する必要があります。また、その他の資格についてもその資格に関連する科目の履修が 必要な場合があります。
※年度により開設科目を変更する場合があります。