経営学部

小林 育斗

小林 育斗
  • 小林 育斗

 

教員氏名 小林 育斗
教員ふりがな こばやし やすと
職階 特任准教授
学位 博士<体育科学>
担当授業名称 【経営学部】
トレーニング論 コンディショニング実習
測定評価理論 測定評価実習
基礎ゼミナール
担当ゼミ名称 身体運動科学
専攻・専門分野 スポーツバイオメカニクス
所属学会 ・日本体育学会
・日本バイオメカニクス学会
・International Society of Biomechanics in Sports
など
研究室電話番号  
E-mail(大学)  
E-mail(個人)  
略歴 【最終学歴】
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 博士後期課程 体育科学専攻 修了
 
【主な研究業績(査読あり)】
・Takanori Ishii, Michiyoshi Ae, Yuta Suzuki, Yasuto Kobayashi(in press)Kinematic comparison of the seoi-nage judo technique between elite and college athletes. Sports Biomechanics.
・加藤謙一,髙橋沙織,小林育斗,阿江通良(印刷中)小学2,4年生のけのびとバタ足動作の特徴.発育発達研究.
・西村三郎,宮﨑明世,小林育斗,岡出美則(2017)一般男子高校生の短距離疾走能力に応じた技術的課題の検討:中間疾走の疾走動作の比較から.スポーツ教育学研究,36:1-14.
・Yasuto Kobayashi, Michiyoshi Ae, Akiyo Miyazaki, Norihisa Fujii, Akira Iiboshi, Hideki Nakatani(2016)Kinetics of throwing arm joints and the trunk motion during an overarm distance throw by skilled Japanese elementary school boys.Sports Biomechanics,15:314-328.
・Yasuto Kobayashi, Michiyoshi Ae, Akiyo Miyazaki, Norihisa Fujii, Akira Iiboshi, Hideki Nakatani(2016)Change in the overarm throwing technique due to practice in Japanese elementary schoolgirls.Proceedings of the 34th Conference of the International Society of Biomechanics in Sports,4 pages.
・佐久間亨,阿江通良,小林育斗(2016)変形性脊椎症患者の歩行動作に及ぼすリュックサック型体幹装具の効果に関するバイオメカニクス的研究.バイオメカニズム学会誌,40:205-211.
・佐久間亨,阿江通良,小林育斗(2016)高齢者における体幹姿勢が歩行動作の力学的エネルギー利用の有効性に及ぼす影響.バイオメカニクス研究,19:192-200.
・橘香織,工藤安澄,小林育斗,鈴木雄太,我妻広明,六崎裕高,和田野安良(2016)車椅子バスケットボールにおけるティルティング動作のキネティクス的検討:床反力に着目して.日本障害者スポーツ学会誌,24:36-41.
・佐久間亨,阿江通良,小林育斗(2015)脊柱変形が歩行中の左右下肢間における力学的エネルギーの流れに及ぼす影響.理学療法学,42:575-585.
・Yasuto Kobayashi, Michiyoshi Ae, Akiyo Miyazaki, Norihisa Fujii, Akira Iiboshi, Hideki Nakatani(2015)Change in kinetics of throwing arm joints in elementary school children due to training of a distance throw.Proceedings of the 33th Conference of the International Society of Biomechanics in Sports,678-681.
・橘香織,工藤安澄,小林育斗,鈴木雄太,六崎裕高,和田野安良(2015)車椅子バスケットボールにおける“ティルティング”の成功要因:上部体幹と下部体幹の角速度に着目して.茨城県立医療大学紀要,20:51-60.
・平田海,阿江通良,榎本靖士,小林育斗(2014)標準動作モデルによる長距離走フォームの改善に関するバイオメカニクス研究.ランニング学研究,25:25-32.
・Yasuto Kobayashi, Michiyoshi Ae, Akiyo Miyazaki, Norihisa Fujii, Akira Iiboshi(2014)A biomechanical study on improvement in the overarm throwing technique of elementary school children.Proceedings of the 32th Conference of the International Society of Biomechanics in Sports,4 pages.
・Yasuto Kobayashi, Michiyoshi Ae, Akiyo Miyazaki, Norihisa Fujii, Akira Iiboshi(2013)Mechanical energy flow in the arm segments during overarm throwing for skilled Japanese elementary school boys.Proceedings of the 31th Conference of the International Society of Biomechanics in Sports,4 pages.
・宮崎明世,小林育斗,阿江通良(2013)優れた投能力を持つ女子児童の投動作の特徴.体育学研究,58:321-330.
・小林育斗,阿江通良,宮﨑明世,藤井範久(2012)優れた投能力をもつ小学生の投動作の特徴とその標準動作.体育学研究,57:613-629.
・Yasuto Kobayashi, Michiyoshi Ae, Akiyo Miyazaki, Norihisa Fujii(2012)Kinetics of overarm throwing motion for skilled Japanese elementary school boys.Proceedings of the 30th Conference of the International Society of Biomechanics in Sports,315-318.
・Yasuto Kobayashi, Michiyoshi Ae, Akiyo Miyazaki, Norihisa Fujii(2011)Development of the overarm throwing motion for Japanese elementary school girls.Portuguese Journal of Sport Sciences,11:997-1000.
 
【社会的貢献及び地域貢献】
・東京都教育庁委託事業「体力を高める運動ガイドライン」作成委員(2016)
現在の研究分野 スポーツ動作および日常生活動作のバイオメカニクス
研究課題と研究経過  
教員個人ページへのリンク  
ゼミ・講義の紹介